ゴミ&不用品のあれこれ

無料回収のチラシはキケン?悪徳な不用品回収業者に注意

無料回収のチラシはキケン 悪徳な不用品回収業者に注意 「不用品を無料回収します」、このようなチラシを見掛けたことがある人もいるのではないでしょうか。タダで引き取ってくれるのなら、と魅力的に感じるかもしれませんが、安易に回収を頼んでしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があり注意が必要です。

高額の費用 回収自体は無料 トラブルも実際に起きており、無料のはずが高額の費用を請求された事例がそのひとつです。回収自体は無料ではあるものの、積み込みにはお金がかかると言われ、泣く泣く支払いをしてしまったという人もいます。他にも、回収を頼んでいない物もトラックに勝手に積み込み、それを降ろすために費用がかかるという強引な手口もあります。どのような理由であれ、このような悪徳な不用品回収業者は、無料という罠で懐に入り込み、あとは適当な理由をつけて高額の費用をせしめようとしてきますので、迂闊に依頼を出さないことが基本の対策となるでしょう。

一般廃棄物収集運搬業許可を得ている業者へ 無用なトラブルに巻き込まれないためには必ず、一般廃棄物収集運搬業許可を得ている業者へと依頼を行うことが大事です。無料を謳う回収業者は、そもそも自治体から許可を得ることなく、無許可営業をしている違法な存在である場合が多いです。チラシを配布する以外にも、大音量のスピーカーで宣伝をしてまわっているトラックだったり、インターネットで無料回収を謳っていたりするのも同様のリスクがあるため、避けるのが無難と言えるでしょう。

見積もりを事前に 明確な見積もりを事前に出してもらうのもポイントです。積み込まないと金額は分からないと言われてしまうケースもありますが、これもまた悪徳業者の手口で、あとから費用請求がされる恐れがあるため、金額が分からない業者には頼まないようにしましょう。そしてできれば複数社へと見積もり依頼を行い、しっかりと料金を比較するのが理想的です。相場と比べ、高すぎる業者、逆に安すぎる業者もトラブルになりやすいため、数社の見積もりをチェックした上で、適切な金額で依頼できる不用品回収を利用することが大切です。


終活で不用品を処分するタイミングや注意点

終活で不用品を処分するタイミングや注意点 もうすぐ自分が寿命や病気で命を落とすかもしれないので、亡くなる前に身の回りの整理をしておきたいと考えたら、一人で行うのではなく業者に不用品の処分を依頼してください。 自分たちだけで不用品を処分しようと考えていると、身体に負担をかけて怪我をしてしまう可能性もあります。終活を支援する不用品回収業者も増えており、自身や家族が亡くなる前に処分する必要のある物を仕分ける作業を手伝ってもらえるのも、業者に支援を依頼する利点です。 60代後半から70代が終活を始める目安と言われており、自分のペースで断捨離を始めたくて数回に分けて不用品回収業者を利用する人もいます。

終活の基本 まずは使っていない物を捨てるところから始めるのが終活の基本で、食器や衣類などの小さな物だけでなく、家具や家電などの大型の不用品も処分することが可能です。小さなタンスや本棚なら自分たちで処分できると考えて、粗大ゴミとして回収してもらうために外に持ち運ぼうとすると、壁や床に傷をつけてしまう可能性もあるので気をつけてください。 終活を支援する不用品回収業者は、部屋を傷つけないように安全に作業を行ってくれるので安心して作業を見守っていられます。

断捨離 不用品回収業者によっては要らなくなった家電や家具を買い取ってもらえる場合もあり、終活のために断捨離を行っているうちに、想像以上の収入が得られた家庭も珍しくありません。終活を目的として不用品回収業者を利用する際には、買い取ってもらう不用品の査定に多くの時間を使う必要があるので、査定などの対応がスムーズだと言われる業者を頼ることも重要です。 ゴミの分類から片付けまで全て支援してもらえるのか、業者ごとの対応の違いを比べることも忘れないでください。

終活における断捨離は物を捨てすぎないように意識することも重要で、家具の大半を処分してしまったことが原因で、室内が殺風景に感じながら余生を過ごすことになりかねません。 本当に捨てる必要がある物なのか考えながら、不用品回収業者に処分を依頼することをおすすめします。